少額からも始められる|投資活動や株取引で役立つ知識が学べる学校とは

投資活動や株取引で役立つ知識が学べる学校とは

男性

少額からも始められる

オペレーター

安全性の高い業者も多数

海外FXは「レバレッジが高いから危険」、「怪しい業者が運営しているかもしれない」と不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際に取引を行ううえでは、レバレッジの高さとリスクは全く関係ありませんし、国の金融監督機関の登録を受けている海外FX業者は、安全性には全く問題ありません。また、国内FXは信託保全制度があり、業者が倒産した場合でも口座の資金を守ることが義務化されており、安全性に優れていますが、海外FXにも類似の制度があります。投資家補償基金(ICF)という団体に加盟しているところであれば、上限付きではありますが資金を守ることができます。このように、海外FXにも国内FX並みに安全性の高い業者もたくさんあり、日本人の利用者も少しずつ増えてきています。少額資金でお金を確実に増やしたいのであれば、ぜひとも口座開設を検討してみてください。

STPとECN

海外FXに口座を開設する際には、STP(スタンダード)口座かECN口座のいずれかを選択することとなりますから、それぞれ特徴を理解しておく必要があります。両者の違いは、株式取引の板情報のようなもの、つまり、気配値を確認することができるかどうかにあります。STPでは確認をすることができませんが、ECNではこれを確認することが可能で、その分手数料がかかるのが通常の仕組みです。したがって、他の投資家の動きを見ながらトレードをしたい方は、ECN口座の開設がおすすめということになります。一方で、いずれの口座においても、取引にディーラーが直接介入しない方法が採用されているため、取引の透明性の高さは確保されています。また、約定率の高さについてもいずれの種類の口座でも国内FXより高く、約定拒否といった事態が起きる心配もありません。ただし、指標発表時など、値動きが激しい時は、スプレッドが狭くスリッページ(価格差)が起こりにくい特徴を持つ、ECN口座の方が有利とされています。